2006/01/31

三冠馬ディープインパクトに対する評価(2)

三冠馬ディープインパクトに対する評価(1)の続きというか、長くなるから2つに分けてみた。

で、ディープに対する評価なんだが、現状では国内最強馬クラス、ってなもんでしょう。今後どれだけ成長できるか、維持できるかというので評価は変わるでしょうが。シンボリルドルフ級になれるか、エアシャカール級で終わるか…その分水点となるのが今年の天皇賞春である。天皇賞の前哨戦から、そのレースぶりに注目が集まるのだろう。ディープはスペシャルウィークのようなレースぶりがあっている。とすれば、天皇賞春はあっているレースの1つだろう。

俺は正直いって、ディープがそこまで強いとは思えない。ただ、ただの勢いで三冠馬になれるとも思ってない。強いことは確かだがね…。あまり好きなタイプのレースをしないし。
というわけで、大胆俺の予想!

阪神大章典:1着
天皇賞春:3着
宝塚記念:3着
=放牧=
毎日王冠:4着
天皇賞秋:2着
JC:8着(いや、ここは1着かも…)
有馬記念:5着
=引退=

こんなカンジでゼンノロブロイ的なカンジで消えていって欲しい…。もっと、なんつーかドラマ性のある馬が好きなんだよな~。エイシンプレストンとかアドマイヤコジーンとかさ。タップダンスシチーもセイウンスカイもデュランダルも好きだし。キングヘイローとかステイゴールドのラストランなんて今でも涙出るよ。
「ナメんな!」みたいなレースもいいよね~。ナリタブライアンとマヤノトップガンの阪神大章典も最高だし、トウショウボーイとテンポイントの有馬記念とかヒシミラクルの宝塚とか、サニーブライアンのダービーとかすげぇイカすと思う。


0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...