2006/04/20

ハゲタカファンドと韓国ウォン

7b45875c.png竹島に関する妄言については、相変わらずのステキ世界な韓国。いや、別に竹島に限ったことじゃないけど。僕のOperaの「反韓」フォルダにお気に入りがどんどん増えてしまいます。

というわけで、今回は韓国関連ネタということで、2ちゃんなどではだいぶ前から有名な「ドル-ウォンレートの不自然な動き」についてまとめてあるページを紹介しましょう。

ドル=ウォントレードが始まりました。「ワロス曲線」おさらいスレ。(´Д`;)苦労しました。

詳しくは上のページをみていただくとして、現在進行形で韓国はムシられ続けているというのに、竹島なんかで現実から目を背けている場合じゃないですよ、韓国政府は。出ている損失額も、もんのすごい額になってるはずです。
まぁ一番問題なのは、国内の「目先の利益追求」の企業家達のプレッシャーに負けて、中途半端な介入に終わっていることなのではなかろうか、と思いますが。

↓これらに関するニュースソースなどは続きで↓


韓国銀行が2年連続赤字、昨年は2兆ウォン迫る(連合ニュース)
本文より抜粋すると…
「特に昨年末には通貨安定証券の発行残高が前年末より12兆4000億ウォン増加し155兆2000億ウォンに達し、これによる利子6兆1400億ウォンが赤字の主因となった。」
だそうです。通貨安定証券って、ウォンを売るために外貨買うために発行しているわけなんすかね? まぁでもウォンを安くするのは簡単ですよね。いっぱい刷ればいいんですよね。過去韓銀のトップも同じような発言してますからね。

↓それ以外にも、単純にウォン高による外貨準備高含み損も出ているわけだし…↓
韓国の外貨準備高、2週間で4兆ウォン損失(朝鮮日報)
まぁつまり、ウォン高による影響で2週間で40億ドル損しています、といったことです。韓国の外貨準備高は2000億ドルだそうで、2週間で5%の含み損出てますね。まぁウォン高になるからドル建てで外貨準備してるなら仕方ない話だけどね。

↓おまけに、こんな国内企業からの声が出ておるようです↓
韓国中小企業「損益分岐点は1ドル961ウォン」(朝鮮日報)
まぁ中小企業にとっては死活問題のなのも分かりますがねぇ……。

----- ----- ----- ----- -----

で、よく「ワロス曲線=ウォン危機再来!」という論調があるようですが、ウォン高=ウォンが強くなっている、ってことで一気に経済危機というシナリオは期待薄なんじゃないでしょうか。と思ってたら、冷静に意見している人も発見↓
つれ数:ワロス曲線
まぁ韓銀が韓国経済の現状を見て「あまりに急速にウォン高が進むのはよろしくない」と考えるのは当然。ただ、その介入があまりにも間抜けな方法でやってるっていうのがダメなんですな。本当に迂回融資なんじゃないかと思うほどのアホぶり。

当座しのいでいる間に国内企業にはある程度体力をつけてもらいたいということで損失覚悟でやってるんでしょうか。やはり韓国人の考えることはよくわかりません。レートを中途半端に保持するよりは、思い切って放置するか固定レート導入した方がいいと思うんだけどね~。
今思えば、日本円も一時期1ドル=78円にまでなった時期があったわけで、かなり景気には悪影響だったでしょうけど別に崩壊してないしね。まぁ日本の体力があったからだけかもしれないけど……円なりウォンが高い間に外貨準備高稼ぐことできるし、いいんじゃないっすか。この機械的介入を、勇気をもって一回やめればこのループは終わるのにねぇ。なんで続けるんだろうねぇ。

----- ----- ----- ----- -----

さらにオマケとして、ウォン以外の対ドルレートの表でも載せておきます。
●ユーロ
won-euro




●円
won-yen




●オーストラリアドル
won-austd




●ニュージーランドドル
won-nzd




●ルピー(インド)
won-indiar




●香港ドル
won-hkd




●バーツ(タイ)
won-thaib




●ドン(ヴェトナム)
won-vietnamdon





まぁ、とりあえずこういう問題を軽視して日本とのイザコザばかり注目していてはイカンと思うんですよ、僕は。
もう1000年中国の属国やってればいいのに。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...