2006/06/16

梅雨

僕は雨が嫌いではない。むしろ好きなぐらいである。
雨の中、ひとりで車を走らせて、誰もいない海浜公園に行くのなど、たまらなくゼイタクな気持ちになる(もちろん時間を無駄に使っているという意味でのゼイタクだが)

しかし梅雨の雨は別だ。この湿度といい、じとーっとした雨といい、なにかネガティブなオーラを感じる。僕の心の琴線には触れやしない。

僕は車のエンジンを止めた時に、ふとやってくる一瞬の(錯覚による)静寂と、その後忘れたようにやってくる雨だれが好きである。不規則な、しかし小気味よく屋根を叩く、あの音が好きだ。
しかし梅雨の雨にはその軽快さが無い。陰気な雨は、気分を暗くさせる。これ以上暗い気分にはして欲しくない。
これではエンジンを止めたあと、しばしシートに深く腰かけて深呼吸する気分にならない。

早く梅雨が終わらないかと今から待ち遠しい僕である。


0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...