2007/03/14

胴体着陸

330de744.jpg見た? 胴体着陸。俺は今朝のとくダネで見たけど。
もうね、多くは語りませんがニュース見て泣きました。名刺いっぱいに状況をメモしているおっさんとか、機内の様子を語る乗客とか、インタビュー見ているだけで泣きましたよ。
その冷静さと、その裏の恐怖心が今でも顔にうっすら残っている感覚……それでもパニックにならずにいることは、すごいことだと思う。乗客に対してシンパシーとでもいうか、同族意識というか、なぜそんなものが芽生えるのか自分でも理解できないが、なんとも「よかった、よかったねぇ」と抱き合いたい感情にかられた。

まぁこの根底には、怪我人を出すことなく着陸を成し遂げた機長に対する尊敬の念が多分に含まれている。
なぜ機長にそこまで思い入れるのか。私は、飛行機関連の事件が発生すると、常にJAL123便の墜落事故を思い出す。
JAL123のボイスレコーダー音声を使ったFlashはこちら
このFlashを見て受けたあまりの衝撃、言葉では表せない。御巣鷹山にわざわざ行って慰霊碑を見てきてしまった。

飛行機が墜落するかもしれない、という状況は常にこの状況を私に想像させ、身震いする程の恐怖を与える。
今朝のニュースは、その身震いする恐怖と、そこから全員無事に解放されたという安堵感が同時に私に与えられ、その安堵感から涙を流したのだと今は結論付けることができる。

いや、本当によかったね。マジで。これを書いている今でも涙でそう。


0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...