2009/11/29

ついでにCoD:MW2のパークを考える

なんか否定的なことだけ書いて終わるのもなんだなーと思ったので、今度はまともにゲームについて考えてみる。


Perk1
  • Marathon
    オブジェクト系のゲームルールで無類の使いやすさを発揮。SabotageではこれとLightweightつけて爆弾に突っ込むのがセオリーと言っても言い過ぎじゃない。
    ただPerk1は他のものが優秀なので、Bombを運ぶ系じゃないゲームだとそこまで重要じゃないはず。
  • Sleight of Hand
    巧妙な手口。初期に選べるのがコレかMarathonなので、だいぶ重宝する。
    実用面では、SCAR-Hを使っているとリロードの機会が多く、時間も長いので重要な選択肢の一つになる。
    もちろん軽機関銃でも使えるといえば使えるけど、軽機関銃のリロードは別に時間かかっても構わないと俺は思うんで、SMGとARを使う時に主に使用するカンジだと思われ。
  • Scavenger
    弾が拾える、フラグが拾える、擲弾筒が拾える……Proになると初期携帯マガジンまで増えちゃう。基本的にはこれを選んでおけばよい、ってかんじ。
    でも弾が増えるだけなので、もともと弾をばらまきがちな武器の時に真価を発揮。それ以外(たとえばFAMASとかM16とかFALとか)の時には、そこまで重要じゃない。
    少なくともそんなに連続で殺せない僕には重要じゃない。
  • Bling
    FAL、M4A1など遠くが狙いやすい武器の時に、ACOGとサイレンサーを同時につけたりするとなかなか強い。
    しかしまぁ用途は結構かぎられる。
    LMG(MG4など)でGlipとACOGとか組み合わせたりすると、なかなか使える。
  • One Man Army
    あんまり用途ないなぁ。無限擲弾筒ぐらいかね。
Perk2
  • Stopping Power
    とりあえずは定番。威力1.4倍はダテじゃない!
    どの武器につけても意味があるけど、やっぱりLMGにストパという組み合わせが劇的に効果があると思う。
    ARでも、威力30の武器はストパ安定かと思う。FALはこれをどうするかで悩ましい。威力40のARはもともと3発で殺せるんで、Hardlineという手もアリかと。M4、AK47あたりは2発当てるのも3発当てるのも大差ないと個人的には思う。
  • Lightweight
    マラソンと組み合わせて、オブジェクト系ルールで大活躍。
    これとCommandoを組み合わせた時のナイフ距離が異常で強すぎる。ラグい時はまず殺せない。困るんで、あんまり流行らないでほしい。
  • Hardline
    M21との相性がグンバツ。M21+Silencer+HardlineだとバシバシUAV出せて、みんなにオトク。
    RPDとの組み合わせもいいかなと思ったけど、意外とダメだった。やっぱRPDは射程距離無限のストパ込みでダメージ56の弾を2発ブチこむ方が強い。
  • Cold-Blooded
    今回はUAVリーコンの地位が結構低下しているので、レーダーに映らないというのはCoD4ほどの効力は発揮しない。
    本題は、サーマルに映らない。これは非常に重要。
    とりあえずコレつけてスモーク焚けば、だいぶ簡単に相手の陣地にもぐりこむことができる。
    やっぱりCoD4と同様にSMG+Silencerと組み合わせるのが常套かな、と。Perk3はNinjaでOK。
    別に敵の裏を取りに行かないタイプの人でも、クラスの中に1つ「航空機落としクラス」として用意しておくべきかなとも思う。なんせ撃たれずに一方的に落とすことができるんで。
    あ、ちなみにAC130とかはフレア同時に2発焚くことはできないんで、「せーの」でスティンガー撃っとけばまず落ちます。フレア一発でスティンガー2発とも回避できるはずなんじゃないの、とか思うけど、まぁプログラムの都合なんだろうね。
  • Danger Close
    前も言ったけど、これと爆発物との組み合わせは性能壊れすぎ。
    RPG+Danger Closeで2人、3人当たり前に巻き込んで殺せる。まぁそれだけ人が集まってるのが悪いとも言えるが、でもそういうレベルじゃない。
    ラグい時にもKillできる装備として、Danger Close+擲弾筒+RPGというのは使える。敵として考えると、ものすんごいウザいけど。
Perk3
  • Commando
    縮地。縮地すぎる。第三者視点で見てると、ナイフを振った方が瞬間移動して相手を刺し殺してる。
    SMG+Lightweight+Commandoの組み合わせは凶悪。
    これにタクティカルナイフが加わると、敵のキャンプ場に踊りこんで虐殺の宴を開ける。
  • Steady Aim
    昇順安定。降順はダメなのか。
    CoD4ネタはさておき、今回は腰だめ撃ちが弱体化されていると思う。壁に向かって撃ってみても、あんまりCoD4との違いは感じられないんだけど、なんだか腰だめじゃ撃ち勝てない。
    特にLMGの腰撃ちは劇的に弱まったと思う。加齢た声の人と一緒にゲームしたときも言ってたので、それは間違いないと思う。
    で、せめて少しでも腰撃ちを強くするためにつけたい。俺の心の中では、すべてのクラスがSteady AimでOK。AR、SMG、LMG、それぞれ通常の腰撃ちではさっぱり当たらなかったのが、意外とあたるようになる。あんまり期待しないでブッ放していこうじゃないか。
  • Scrambler
    とんだ地雷パーク。これを装備することで「俺は今ここにいますよー」みたいに宣言してるのと一緒。これをつけてるだけで位置を予測されて成績はグンと下がる。俺は、だけど。
    経験値目的以外ではつけてない。せめてKill streakにCounter-UAVをつけて、C-UAV発動中に自由に動き回ってください、としか言えない。
  • Ninja
    隠密行動用。HBSに映らない。Cold-Bloodedと組み合わせて、敵陣にコッソリとお邪魔するために使ってくださいな。
    それ以外には、特に使う理由なし。
    Ninjaだけでつけても、HBSに映らないことだけしか利点がないので。UAVに映らない、サーマルに映らない、HBSに映らない、というこの3点が組み合わさって初めて意味があるかなと。
  • SitRep
    爆発物処理班。今まで一度もつけたことがない。のでよく分からない。というか必要がない。
    あとチャレンジが異常に難しい。だからつけない。
  • Last Stand
    Death streakのFinal Standが復活できるという優秀さを持っているけど、こっちは復活できない。
    そもそもLast Standにあまり意味を見いだせない。
    ハンドガンのチャレンジを進めたい、Last Standのチャレンジを進めたい、という場合につけるパーク。
    あと、ドミネーションで旗を取るための最後の抵抗をするっちゅー意味ではアリ。
    Marathon+Light weight+Last StandでB旗にブッ込むあなたの姿を、きっとチームメイトは心強く感じ、見て見ぬふりをしてくれるでしょう。
まぁこんな感じで、武器とPerkの組み合わせを考えたりするのが楽しい。特にM21+Hardlineは楽しいねぇ~。
でもまぁ結局Stopping Powerに戻ってしまう自分が悲しいのですが……。出会いがしらの撃ち負けにどうしても納得がいかないんで、バッタリ出会ったときに撃ち勝てるようなPerk構成を優先させちゃうんですねー。

まぁそんな感じで、慣れてくればこのゲームも楽しいもんです。
よく「キャンプゲー」「芋ゲー」って言われているようですけど、CoD4みたいな「何も考えずに一方向だけ見てるRPDガン待ち」ってのは逆にできなくなってます。考えないとキャンプもできない感じになっていると俺は思ってます。
かといって突撃無双ってわけでもない(基本的にはキャンプ側有利)んで、なんというか「忍び込みゲー」とでも言えばいいのかもしれませんが。

パーティで建物の入り口すべてを見張るようなプレイをされたら、そりゃまぁクソゲーですけども、それはCoD4でもあった話。
今回は割と侵入しやすいと個人的には思ってるんで、そんなキャンプゲーってわけでもないですよ。
すべては、プレイするプレイヤーにかかっていますなー。やってて楽しいメンツが揃わないとね、全然楽しくないですからね。

CoD4も末期の頃はひどいもんだったし。敵がガチキャンプしてて、しょうがねぇからサイレンサー+UAVジャマーで裏取ったら敵のリスポーンがどんどん下がって行って、あとはマップの端っこに追い込んでフラグとスタン投げ込んで突撃、5killぐらいして死亡、空爆、この流れを無限ループみたいな、そんなゲームが大半でした。
まぁ言いたいことは、CoD:MW2のマップやゲームバランスのせいで、その流れが加速されるのが怖い。ぜひそうならないで欲しい。
まぁそういうことです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...